社員インタビュー

頑張りを評価してくれる会社です。

提案が受け入れられたとき、この仕事をやっていてよかったと実感します




MASAYA KOUMOTO


金沢支店富山営業所 所長

廣本 匡哉

2013年4月入社

私がLIXILトータル販売を選んだ理由

様々な人と出会える仕事を求めて入社しました。

大学卒業後、すぐには就職せずに自分が本当にやりたいことを探そうと思い、色んな事に挑戦してきました。

その中で、様々な人と関わることのできる仕事に興味が湧き、就職活動を開始しました。

最終的に2社から内定を頂いたのですが、住宅資材を扱っているLIXILトータル販売の営業職が面白そうだと思い、入社を決意しました。

入社してから、現在まで

1つのミスが私の営業としての意識を変えました。

入社1年目に北埼玉支店に配属になり、ブラザーとして一番年齢の近い先輩に社会人の基本を教わりました。まだ学生気分が抜けていない自分を、LIXILトータル販売のセールスとして育ててくれたのもその先輩です。初めてのリフォームの現場で、単独で行動してミスをしてしまったことがあります。その時に「なぜ自分ひとりで行動したのか?」「なぜ相談しなかったのか?」と叱られました。お客さまだけでなく、お施主さまにも迷惑をかけてしまったことで、その時はすごく凹みましたが、それ以降、大きい商品、小さい商品に関わらず、「発注・納品」には最大限の注意を払うよう徹底するようになりました。そういった経験を経て、納品する現場が増え、売上が上がっていくにつれて、その分自信がついていき、最終的に会社から新人王という賞を頂くことができました。1年目でセールスとしての自信を持てたことが今の自分につながっていると思います。

所属長として

富山営業所を今よりも良い営業所へしたい

現在、セールスから所長となり、お客さまを担当しつつ、マネジメント業務を行っています。いわゆるプレイングマネージャーです。お客さまを相手に業務を行うという点では、従来と変わりませんが、経理的、総務的な業務のことはまだまだ理解しきれていないので、苦労しています。また、セールスの時は自分の売上・粗利は意識して活動をしていましたが、支店全体の業績は意識していませんでした。

今では営業所の業績を考え、営業所の顧客・従業員全体がお客さまであるという認識があります。そういった面で大きく意識が変わったと思います。

今後の目標は、スムーズに仕事をしてもらえるようなシステマチックな機能を持った営業所にしていきたいと思います。そのために、地場のビルダーさまと一緒に仕事をし、一緒に成長できていけるような仕組みを作り、次の現場でも採用して頂けるような売り方をしていかなくてはならないと思っています。

学生へメッセージ

「自分の力で、会社を変える」

就職活動中に色んなことが目に入り、考えることが色々とあると思います。

しかし、「この会社に入りたい」という考え方で闇雲に探すのではなく、「自分がこうありたいから、この会社があっているのではないか」という視点で、会社を探してみてはいかがでしょうか。

また、頑張り次第では、自分の力で「会社を変化させていくことができる」会社です。皆さんと、一緒に会社を良い方向に変化させていけるのを楽しみにしています。