社員インタビュー

共に頑張った部下が、業績表彰式でステージに登壇する姿には感動します。

提案が受け入れられたとき、この仕事をやっていてよかったと実感します




SHUICHI SHINYA


西東京支店 支店長

新谷 修一

2002年2月入社

私がLIXILトータル販売を選んだ理由

衣食住の中で「住」に携わる仕事がしたかった。

就職活動をした時期は、世間はバブル期で有効求人倍率も高い状況でした。就職環境だけに焦点を当ててみると、現在と同環境かと思います。
就職先は、人間として生活する上で必ず必要となる「衣食住」の仕事に携われるところと考えました。
中でも「住」の仕事を最優先したいという想いが強かったです。そこで、入社当時の成長が著しく、好業績であった弊社に興味を惹かれました。

仕事に対する思い

お客様の大きな夢を叶える仕事なので、一軒一軒大切に取り組んでいます。

住宅は人によっては生涯で一番高い買い物なので、「良い家に住むことは万人の願い」であると私は思います。

私は常々、「人の夢が叶えられる仕事がしたい」「自分が誇れる仕事をしたい」と思っていますので、お施主さまの願いを叶えるために働けるこの仕事を生きがいと感じながら働いています。
また、家族の幸せを補えるような仕事は他にはあまりないと思っています。

家が完成したときに、お施主さまの喜ぶ顔や感謝の言葉が仕事の励みになります。満足していただくためにも、1つ1つの仕事を大切にしなければならないと思っています。

所属長として

頑張った部下が報われる組織であることが嬉しいです。

弊社ではダイバーシティに取り組んでおり、小職の組織は女性が約4割を占めています。
社員1人1人のパフォーマンスの向上、チームとしての組織力向上のため、社員同士のコミュニケーションがより図れるように、支店全員参加の改善活動でのチーム分けやフリーアドレスに近いレイアウト変更といった試みを実施しています。

部下の成長のために、今必要なものは何か、次のステップに進むためには何が必要か、時には厳しく、時にはじっと待つことを心がけています。そうして一緒に取り組んだ結果、半期に一度の業績表彰対象者となった部下がステージに登壇する姿を見るのは感動的ですし、部下がお客様に褒められる事が嬉しいです。

最近も、立て続けに2人の部下が支店長に登用され、新人王も2人の部下が勝ち取ってくれました。頑張った人が報われる会社なので、愛情を持って部下育成に取り組んで行きたいと思います。

また、日頃から近隣の方々にはお世話になっていますので、感謝の気持ちを込めてチーム全員で定期的に清掃活動をしています。個人的には、部下が気持ちよく営業に出発できるように毎朝車両の窓ふきをしています。

学生へメッセージ

「いい会社に就職したねは一瞬」「楽しそうに仕事をしているねは一生」

就職活動の雰囲気に流されず、自分はどういった仕事が誇りを持てるのかじっくり考えてみてください。
例えば、家族・友人・知人に自分の仕事について話をしているイメージを思い浮かべてみてください。自信を持って仕事の内容の話が出来ますか?話をしている自分に誇りを持てますか?

「いい会社に就職したねは一瞬」「楽しそうに仕事をしているねは一生」です。
皆さんが誇りを持って、楽しく仕事が出来る会社に就職出来る事を祈念しております。